うしごや

自己完結型さとり男子がいろいろ考察!

地元民が考える【Dr.STONE】考察!!!【土肥金山?】そこから行き着く石化の理由とは・・・?

 Dr.STONE 10 (ジャンプコミックス)

こんばんは、牛三です!

 

本日は週刊少年ジャンプ絶賛連載中の大人気漫画「Dr.STONE」について、地元民だから思いついた地元民だからこその考察をまとめていきたいと思います!

 

 

あらすじ 

 

高校生の大木大樹は、思いを馳せていた小川杠に告白しようとしていた。

幼馴染の千空から激励を受け、大樹は杠を呼び出して告白に挑む。

ところが突如空が眩く発光し、地球上の全人類が一斉に石化するという怪現象に襲われてしまう。

 

大樹は、「杠への想い」だけを糧に長い年月を耐え続けた末に自由な身体を取り戻すが、目前には樹木が生い茂り、風化した景色が広がっていた。

先に石化が解けて目覚めていた千空と再会し、彼からこの世界が自分達の時代からおよそ3700年経過しているという現状、そして人類が消えて滅んだ世界で自力で文明を再建させるという決意を聞かされる。

Dr.STONE - Wikipediaより抜粋

 

簡単に言うと、文明の滅んだ何千年もの未来で大樹は持ち前の体力、千空は膨大な科学の知識を使って世界を復興させていくという物語です。

 

作中では3700年の時間はあくまで「経過」しているのですが、「気付いたら未来」という点をタイムスリップに置き換えると、サバイバル漫画の金字塔「漂流教室」をイメージして頂くと良いかもしれません。

 

とにかく千空が凄い!

 

ストーリー序盤では大樹目線で話が進むのですが、本作の主人公は大樹の友人である石神千空(いしがみせんくう)。

頭脳明晰で技術に詳しい、根っからの科学オタクです。

 

素手でライオンを撃退してしまう「霊長類最強」と謳われていた獅子王司や、訳あって3700年前に石化から逃れ生き残った人類の子孫、コハククロムなど魅力的なキャラクターも多数登場します。

 

しかし彼らが霞んでしまうほど、千空がチート過ぎるんです。

 

  • 携帯電話
  • 自動車
  • GPS機能

 

皆さんは以上の三つ、作り方をご存知ですか?(笑)

 

これらは文明が滅んでいる原始時代で部品も何もない、作り方を記した記録もない、そんな状態から自信の知識と技術だけで千空が作り出したものです。

 

ヤバイですよね(笑)

この三つもあくまで発明品の一部であって、彼は他にも様々なものを作り出しています。

 

最新のストーリーは?

 

千空は人類の石化を解く薬を開発していたのですが、その運用法について争いが起きる展開となってしまいました。

 

しかし千空率いる「科学王国」は原住民の力を借り、持ち前の科学力で争いを終わらせ現存する人類を一丸とすることに成功しました。

 

人手を増やし文明の発達も著しくなってきたのでいよいよこの物語の肝、3700年前に起こった謎の人類石化現象を探るため、光の発信源と思われる地球の裏側に行くことに。

 

ついには船まで作ってしまいました。凄過ぎ(笑)

 

そして石化の謎を解く「世界冒険チーム」と本土に残る「人類発展チーム」の二手に分かれました。

 

Dr.STONEの舞台は?

 

今回、考察に至った理由としてはこの作品の舞台が重要になってきます。

 

f:id:gyutyan1130:20190430115814j:plain

「Dr.STONE」第90話「NEW WORLD MAP」より

 

地図に富士山があることからも分かる通り、私、牛三の地元である静岡県が大きく関与しているんですね。

 

ただ3700年も経った後なので、富士山の噴火や地震などの自然災害もあり地形が変わっている個所もあるようです。

 

相良油田の登場

 

ja.wikipedia.org

 

静岡県牧之原市にある油田です。上の地図にも記載がありますね。

 

自動車や船などを動かすことができる石油は人類の発展には欠かせなかったものであり、作中でも石油の入手によってストーリーが進展しました。

 

石油のような燃料、森林から取れる木材、ただの水だって総じて言うと立派な「資源」です。

 

そしてDr.STONE第97話では、クロムが千空の発明を応用し、「金属探知機」を作り出しました。

 

そろそろ本題に移ります。

以上のことを考慮すると、静岡県東部在住の私としてはある場所の復活を考えてしまったんです。

 

「土肥金山」

 

静岡県伊豆市土肥にある金鉱山です。現在は鉱量枯渇につき閉山しておりますが、なんと観光地として一般公開されているんです。

 

www.toikinzan.com

 

ちなみに楽しいですよ(笑)砂金採り体験が出来たり、金山の歴史を学べたり。

ご飯も美味しかったし、お土産も黄金尽くしで豪華絢爛。ぜひ一度(^^)

 

じゃなくて

 

Dr.STONEの舞台となっているこの土地には、現在では枯渇した金鉱山があるんです。 

 

金鉱脈のでき方は?

 

goldplaza.jp

 

簡単に言うと、溶岩によって溶け出した金が地表に近づくにつれ温度が下がっていき、岩の間に沈殿して鉱脈になるんですね。

 

つまり近くに火山があることが最低条件なのです。

土肥金山を例に挙げましたが皆さんご存知、富士山も立派な火山です。

 

ja.wikipedia.org

 

富士山そのものは金山ではありませんが、付近の山々からも金は採掘されていました。

 

地震の影響

 

しかし金鉱脈ができるまでには途方もない時間がかかります。

何十万年、何百万年、何千万年かけてゆっくりと地下で形成されていくんです。

 

作中の時間経過はたったの3700年。金鉱脈の復活も妄想でしたか・・・

 

wired.jp

 

ゆっくり形成されるなら動かして急かせば良いだけですね(笑)

3700年の間に地震は何度も起こっていることでしょう。

 

私なりの解釈なのですがこれって砂金採りに似た原理もあるのではないでしょうか?

 

金っていうのは意外と重く、他の金属と比べても比重が大きいのです。

そのため砂金採りは器に入れた砂利を少しずつ揺らしながら捨てていって、底に残った金を取り出す作業です。

 

つまり地震によって比重の大きい金が一か所に収束する。

そしてさらに振動が大きければ地表に近づくのも早まり、鉱脈として形成されやすいという理由もあるんじゃないかと思います。

 

地震による「圧力」が影響を及ぼすともありますね。

美味しい料理も時間をかけて煮込まずとも、圧力鍋を使えばかなりの時短です。

そんな感じ?流石に単純過ぎますか(笑)

 

全ては可能性の話

 

現在の研究としては実際に金ができる正確なメカニズムや要因が明らかとは言えないでしょう。 

 

全ては確率の問題であって、可能性の話です。

なやみんさんのブログを参考にさせて頂きましたm(__)m

 

www.komorin-channel.com

 

もっともこちらの記事にもある通り、地球規模での話では全ての出来事は何億年単位でのことです。

 

この作品の「3700年」なんて大したことなく思えてしまいますね(笑)

 

実際の金の用途

 

さて、もしも金鉱脈が復活していて金の採掘が簡単になったら作中の文明発展も著しいものとなるでしょう。

 

金の用途としては

 

  • 見た目の美しさから装飾品
  • 腐食性が低いため歯の治療などの医療行為
  • 伝導性の高さから電子基板などの材料

 

などなど間違いなく大活躍しますね。

 

そこから行き着く石化の理由

 

今回の考察をまとめると、Dr.STONEの世界では3700年もの時が流れて文明は崩壊してしまったものの、自然の力によって資源が復活しています。

 

未来であっても環境汚染が進んでいるわけではなく、むしろ一からの発展もしやすいような状態とも思えます。

 

人類石化の直接の原因は謎の光です。

ではその謎の光は何故起こったのでしょう?自然現象なのでしょうか?

 

私の予想は

「何者かが故意に、文明の崩壊から復興までを一つとした世界のリセットを行ったのではないか」

という結論に至りました。

 

その目的はまだ色々と可能性があり、考え中です。

しかし! 

 

最新話でなんと・・・?

 

※ネタバレ注意

石化現象、再発。

↑反転↑

 

これは予想外。今後の展開に期待ですね!

ありがとうございました(^^)

 

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)