うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

うしごや ~さとり男子の考察牧場~

推し猫と曲を紹介!!映画【キャッツ】吹き替え感想&サントラ買いましたレビュー!

キャッツサントラ

 

~前回までのあらすじ~

 

合わせて読みたい

 

キャッツにハマった。

 

前回は映画『キャッツ』の字幕版感想でしたが、今回は日本語吹き替え版の感想です

ちなみに二日連続で観に行ってました!応援上映やるなら絶対行く!!

 

そしてサントラCDも購入!CDの衝動買いとかひっさびさにやったわ。

 

  1. キャッツを観るなら字幕と吹き替えどっちが良い?
  2. ていうかキャラ全然知らないけど大丈夫?
  3. 曲も気になるけど評価はどうなん??

 

って方は要注目です(*´∀`*)

 

 

吹き替え版のキャストは?

 

まずはザッと一覧でいきますよ!

 

  • ヴィクトリア役:葵わかな

  • マンカストラップ役:山崎育三郎

  • ミストフェリーズ役:森崎ウィン

  • ジェニエニドッツ役:浦嶋りんこ

  • ラム・タム・タガー役:藤原聡(Official髭男dism)

  • バストファージョーンズ役:秋山竜次(ロバート)

  • マンゴジェリー役:宮野真守

  • ランペルティーザ役:沢城みゆき

  • オールドデュトロノミー役:大竹しのぶ

  • ガス役:宝田明

  • スキンブルシャンクス役:大貫勇輔

  • ボンバルリーナ役:RIRI

  • マキャヴィティ役:山寺宏一

  • グリザベラ役:高橋あず美

 

主要キャスト勢はこんな感じ。抜けてない?ですよね??

俳優、女優、声優、バンドに芸人・・・めっちゃ幅広い人選ですね。

 

実は今作の吹き替え版は、日本とドイツにしか制作許可が下りませんでした。

 

それだけオリジナルを尊重していたということですが、逆に言えば日本語吹き替え版は、日本のキャストでもオリジナルにも匹敵するメンバーが揃ったからこそ制作が許された作品ってことですね!

 

Point

日本人キャスト、そうそうたるメンバー集結!!

 

二度目の鑑賞!吹き替え版の感想は?

 

 

ということで、前述した通り字幕版を観てから日本語吹き替え版を鑑賞しました!

率直な感想としては、ストーリーがとっても分かりやすかったです。

 

今作は原作の『詩』を『ミュージカル』にした作品の『映画』なので、そもそもストーリーらしいストーリーはなく、歌やダンスから猫たちの気持ちや感情を読み取って楽しむ作品だと思います。

 

それっぽいこと言ったつもりです。だから字幕で観たときに英語が分からないならば、ストーリーを理解するにはスクリーンに表示される字幕部分に頼る他ありません。

 

んでその字幕もなんつーかかなり抽象的なんですよね。

そりゃそうだ元のストーリー性が薄いんだから。

 

その分、吹き替え版だとお話がとっても分かりやすかった印象です。

 

字幕だと「とりあえず歌って踊れ!」なのが、吹き替えだと「歌って踊って一位になれば、生まれ変わって幸せになれるぞ!」とまぁかなり具体的な感じに。みたいな?

 

もし字幕を観て「何コレ??」ってなった人は、吹き替えを観るとまだ納得できるかもしれません(゜-゜)

 

そして吹き替えなんだからもちろん目玉は猫たちの日本語ボイス!

皆さん色んな業界のプロだし、そうそうたるメンバーだから最高なのは知ってる!!

 

歌は最高に上手い!上手いとか言うのもおこがましい!!・・・んだけど吹き替えにしたときの歌詞の字余り感がちょっと無理やりだったかなーとは思います(-_-;)

 

しょうがないけどさ、やっぱ歌自体は英語で歌ったオリジナルのほうがしっくり来るかもしれません。

 

お気に入り猫&曲の紹介!

 

色んな猫がいます。ホントに。

人間たちと変わらず、多様な性格を持った猫さんたちのオンパレード。

 

そんな彼&彼女らが、自身の生き方や気持ちを歌い抜くミュージカルシーンには心打たれます・・・心惹かれもします・・・心の臓が忙しい。

 

それでは個人的に好きな名曲&猫さんたちの紹介です!ちなみに私の推し猫はミストフェリーズに決定したので一々うるさいですが生暖かい目でご覧ください!

 

アイチューンリンクも貼ったので視聴しながらどうぞ

 

ジェリクルソングズ・フォー・ジェルクルキャッツ

 

ジェリクルソングズ・フォー・ジェリクルキャッツ

ジェリクルソングズ・フォー・ジェリクルキャッツ

  • キャスト (キャッツ)
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

序盤でゴミ捨て場へと捨てられたヴィクトリアに、猫たちの兄貴分マンカストラップが自分たちの世界を紹介する曲です!

 

 

マンカストラップはこのイケメン猫さん。

 

ところでどの曲の歌詞も猫たちの生き方をリスペクトするような内容なんだけど、マンカストラップはみんなのリーダー的存在ゆえか、自分自身の歌がないんですよね(゜-゜)

 

どの曲でも歌いだしはマンカ兄さんが多く、愉快な仲間たちの紹介を率先してくれるんですが、自身の紹介ソングがないのはなんとも不憫。

 

でも自分を差し置いてみんなを紹介しちゃう親分気質なところが、逆に彼の生き方って感じですね

 

劇中のシーンでは、初対面のヴィクトリアちゃんに手でハート作って見せてるミスト君マジ可愛い。

 

ザ・オールド・ガンビーキャット

 

ザ・オールド・ガンビーキャット

ザ・オールド・ガンビーキャット

  • レベル・ウィルソン & ロビー・フェアチャイルド
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

おばさん猫ジェニエニドッツが歌う陽気な一曲。やっぱり出だしはマンカ兄さんです。

 

ぶっちゃけ映画版キャッツが不快とか気持ち悪いとか言われる結構な要因となってそうなジェニおばさん。

 

猫のCGが不気味といった意見も多かったですが、なんとこの曲中では人面ネズミと人面ゴキブリまでもが登場します。

 

そしておばさんは人面ゴキブリを喰います。

コレは・・・生理的に無理とか言われちゃうのもしょうがないかな(-_-;)

 

ジェニおばさんは恐らく飼い猫。曲自体は家で退屈に過ごし、ネズミやゴキブリを捕るくらいしか楽しみのない家猫の心情を歌っている感じ?

 

下品なトムとジェリーだと思いましょう

 

ザ・ラム・タム・タガー

 

ザ・ラム・タム・タガー

ザ・ラム・タム・タガー

  • ジェイソン・デルーロ
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

モテモテハーレム猫ラム・タム・タガーが、猫らしい自由な性格やツンデレを歌った一曲。もうね、出だしからベースの音が超かっけぇんすよ。

 

 

演じているのはアメリカ人歌手のジェイソン・デルーロ。ジェニおばさんに「あいつ去勢してんじゃね?」とか言われちゃうレベルの高音ボイスが特徴ですね(*´∀`*)

 

吹き替え版はピアノバンド『Official髭男dism』の藤原聡さん。

高音ボイスは聞き比べてみても遜色なしでどちらもカッコいいです

 

モテ猫のタガーさんがヴィクトリアを翻弄しながら歌うこの曲ですが、後ろのほうでずっとヴィクトリアの気を引こうとトランプとか見せてるけどガン無視されてるミスト君マジ可愛い。

 

マンゴジェリー・アンド・ランペルティーザ

 

マンゴジェリー・アンド・ランペルティーザ

マンゴジェリー・アンド・ランペルティーザ

  • ダニー・コリンズ, ナオイム・モーガン & フランチェスカ・ヘイワード
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

泥棒猫こと、オスのマンゴジェリーとメスのランペルティーザ二人組、もとい二匹組が歌う曲です。

 

ヴィクトリアに、いわゆる野良猫の悪事を伝えるような内容。

民家に忍び込んで、家具やらベッドやら食器やらをめちゃめちゃに壊します。

 

男女の小悪党って感じがなんかロケット団を彷彿とさせる。

ムサシとコジローとニャース足して2で割った感じ。猫だけに。

 

こいつらに限ってはなー、吹き替えのほうが神ってんだよなー・・・

だって宮野真守と沢城みゆきですよ!?

 

テニミュと不二子ちゃんだよ!?

 

みゆきちが良い!不二子ちゃんも泥棒だけどランペルちゃんも泥棒。

泥棒ハマり役なん??声に痺れますわー・・・

 

みゆきちに縁があるゲームシリーズが好きだから等しくみゆきちファンな私であります(^^)

 

合わせて読みたい

 

スキンブルシャンクス・ザ・レイルウェイキャット

 

スキンブルシャンクス:ザ・レイルウェイキャット

スキンブルシャンクス:ザ・レイルウェイキャット

  • スティーヴン・マックレー & ロビー・フェアチャイルド
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

神ってる。マジテンアゲ。

 

いかにもミュージカルって感じの、みんなで激しく歌って踊る楽しい曲です

一番盛り上がる曲でもあると思う!普通に一番好き!!

 

しっとりした曲もムードがあっていいんですけど、個人的にはやっぱりミュージカルは明るく楽しい曲のほうが好きだな~。

 

鉄道の発射時刻ギリギリなのに姿を見せない鉄道猫、スキンブルシャンクスの慌ただしい姿を歌っています!

 

 

線路のレール上でタップダンスをするシーンがあるんですが、まさに軽快なリズムが耳を震わせる・・・ただ曲自体にはダンスの音が含まれておらず残念。

 

タップダンスの動きとリズムに目を輝かせながら注目しているミスト君マジ可愛い。

 

マキャヴィティ

 

マキャヴィティ

マキャヴィティ

  • テイラー・スウィフト
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

テイラー・スウィフトがマキャヴィティの名前を連呼しながらエロティックなダンスを披露する曲です。

 

説明が雑

 

マタタビの粉かけられてフラフラになってるミスト君マジ可愛い。

 

それ言いたかっただけだろ。

 

ミスター・ミストフェリーズ

 

ミスター・ミストフェリーズ

ミスター・ミストフェリーズ

  • ローリー・デヴィッドソン
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

お待たせしました!!待ってない

私の推し猫&手品猫ことミストフェリーズさんの曲です!

 

 

すっごい簡単に説明すると、猫たちの長であるオールドデュトロノミーが、悪ネコのマキャビティの魔法によって攫われてしまいます。

 

魔法なんかな?まぁサッと消えたし魔法みたいなもんやろ。適当

すると主人公のヴィクトリア嬢が

 

「ミストフェリーズの手品なら助けられるわ!やって!!」

 

と、まさか過ぎる無茶ぶりをします。鬼畜の所業。で、ミスト君は好きな子に頼まれたわけで、長老と助けようと手品に挑戦するんです。

 

何度も失敗しますが、同じ数だけ仲間に励まされ、ついに長老を助け出すことに成功するのです!

 

失敗続きで凹んでたくせに、成功したとたんに調子に乗って空飛ぶわ楽器召喚するわ瞬間移動するわで急に自信満々になってやりたい放題するミスト君マジ可愛い。

 

ところで歌詞の日本語訳から察するに、ミスト君って飼い猫っぽいんですよね。

いやあんな猫いたら飼うわ。攫うわ

 

まとめ:結局キャッツが伝えたいことは?

 

「猫いいよね。」ってことです!!!

 

明確なストーリーがあるわけではなく、気まぐれで個性豊かな猫たちを人間が演じて、彼らの魅力を歌やダンスで伝えてくるミュージカル作品!!ゆえに・・・

 

 

 

 

推し猫ができてる時点で私はこの作品を最高に楽しんだということ!

んー!猫飼いたい!!家族が猫アレルギーだから飼えない切ねぇ。

 

つーまり、この映画の感想なんてもんは自分の好きな猫や曲やシーンについて熱く語れば良いだけって寸法よ!

 

ランペル姉さんマジセクシー!ミスト君マジ天使!!

 

お疲れ様でしたー(笑)

 

うしごやよろしく!

 

【メーカー特典あり】 キャッツ - オリジナル・サウンドトラック(特典:ポストカード付)
 
にほんブログ村 にほんブログ村へ