うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

うしごや ~さとり男子の考察牧場~

グーグルアドセンスの【アンカー広告】を上にするか下にするか迷うお話。withカスタマイズ法!

アンカー広告カスタマイズ


こんばんは、今更ながらグーグルアドセンスや広告について学び始めたうしぞうです!

 

ブログデザインのカスタマイズもちょいちょい上げている私ですが、ずーっと掲載を決めかねている広告に、グーグルアドセンスの『アンカー広告』というものがあります。

 

今回はそのアンカー広告を紹介&その掲載パターンについて考えてみたいと思います!

この記事は

 

  • 自動広告のアンカー広告って何?
  • アンカー広告の表示を下にしたい!

 

そんな方に向けて書いてみました(^^)

 

 

アンカー広告とは?

 

リレーレースの最後の走者、泳者。最後尾の者。または文書作成ソフトなどで、本文中に挿入した図版を、特定の文や語句に関連づけておく仕組み。アンカーテキスト。

出典:アンカーとは - コトバンク

 

アンカー広告とは、グーグルアドセンスの自動広告に含まれる種類の1つですね!

他のアドネットワークでは『オーバーレイ広告』とも言います!

 

ズバリ『アンカー』とは、モバイル画面にのみ表示され、画面の上か下にくっついてしつこく追っかけて来るという意味ですね

 

画面をスクロールしている限り、いつまでも視覚内には入るので、目には止まりやすいですし、クリック率もそこそこある種類の広告みたいです(゜-゜)

 

まぁぶっちゃけ興味ないとウザいけどな。

 

それな。

 

たとえ利益率が高かろうが、ユーザー視点に立ってみると広告なんて基本的に鬱陶しいだけなんで、あんまりしつこいと離脱率に繋がってしまったり・・・

 

ユーザーなんちゃらが低下するみたいです。無知でサーセン。

 

ユーザービリティ!!!

 

要は読者からの信用が下がり、合わせてサイト自体の評価も下がってしまうということですね。

 

サイトの評価が下がることは、SEOの観点から見てもあまり好ましくはありません

 

基本的には画面上に表示される

 

スマホで記事を読むときは下にスクロールするものですが、アンカー広告はスマホの画面上に表示される設定になっています。

 

それならあんまり邪魔にならないね!

 

あくまで『自動広告』として、コンピューターが自動で掲載場所を考えてくれるので、特別上に何もなければ上に表示されます

 

例えば画面上に固定されるタイプのメニューバーであったり、オススメ記事一覧などがある場合は自動で下に表示されるよう設定され、非常に便利です!

 

さすが天下のアドセンス!

 

でもそれは機能的な問題がある場合のみで、流石にデザイン面だけでの配置は考慮してくれないんですよね・・・(笑)

 

アンカー広告によってデザインが崩れてしまう

 

結論から言うと、私のブログだとモバイル表示でこうなるのがめっちゃイヤなんです。

 

アンカー広告上

 

ブログ背景を緑のポップ調にしていますが、ブログタイトル&ヘッダー部分は白背景です。

 

しかし、アンカー広告を表示する分のスペースが生まれると、そこはヘッダー扱いではないので大本の緑背景が表示されてしまうという・・・

 

説明が難しいけど見りゃ分かりますよね(-_-;)全部を白背景に設定しちゃえば目立たないんですけど、緑背景がお気に入りなので変えるつもりはありませんww

 

ということで、機能的には全く問題ありませんが、デザインっていうか筆者のめんどくさいこだわりだけでアンカー広告を下に表示させてみましょう

 

アドセンスのコード改変は規約違反

 

まず前提として、グーグルアドセンスの広告コードは勝手に書き換えてはいけません

 

ですが、アンカー広告の上下表示に関してはポリシー違反とみなされず、書き換えることが許可されています。

 

参考

 

詳しくはリンク先にありますが、書き換えるにも一工夫必要なので紹介させていただきます!

 

ポイント

広告コードの書き換えが容認されているのはここだけなので要注意!!

 

古い広告コードを使用する

 

アドセンスもアップデートが続いているため、以前の広告コードとは表記が違ったりしています。

 

<script data-ad-client="ca-pub-1234567890123456" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

 

最近はこんな感じになってますが、もし今回アンカー広告の表示を下に設定するならば、以前使われていた古い広告コードを書き換えて使用します。

 

<head>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script><script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-1234567891234567", enable_page_level_ads: true, overlays: {bottom: true} });</script></head>

 

自分の取得した最新の広告コードから『ca-pub-』から続く16桁の数字を、古い広告コードの同じ場所に書き換え、自分のブログに適用するだけ!

 

ちなみに黄色いアンダーライン部分が、アンカー広告を下に置き換える表記を表していますそして実際に適用した当ブログは

 

アンカー広告下

 

こんな感じに!!タイトル上のデッドスペースがなくなってスッキリしました(笑)

でも私のブログだと、画面下に表示される『上に戻るボタン』と被ってしまいました。

 

合わせて読みたい

 

ブログごとの表示もあると思いますので、最適な部分にうまく調整して適用できるといいですね(^^)v

 

アンカー広告まとめ

 

機能とは関係なく、デザイン重視のアンカー広告設置法でした(笑)

 

もし不具合などで自動配置が適用されず、上にメニューバーがあるにもかかわらず広告とダブってしまう・・・なんて時の解決法にもお役立てください

 

まぁせっかく下にしといてなんなんだけどさ、自分でスクロールしながら誤タップしそうだから結局また迷いますw

 

てかそもそも無くしてもいいですけどねー(゜-゜)とはいえ広告のクリック率などと合わせて、色々と研究することも大切ですよね(*´∀`*)

 

試行錯誤ちう!ありがとうございました!

 

うしごやよろしく!

 

必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識

必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識

 
にほんブログ村 にほんブログ村へ