うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

今更【カメラを止めるな!】見ましたけど・・・

カメラを止めるな!  [DVD]

こんばんは!うしぞうです!

先週の金曜ロードショーにて「カメラを止めるな!」が地上波初放送でしたね!

 

最新作ってわけではないですが、話題の作品ではありましたよね。

今回は今更こちらのレビューです(^^)

 

 

率直な感想

 

劇場での公開中、少なくとも昨年の間にはぶっちゃけ全然興味なかったんです。

後から「人気の話題作!」と聞いてからよし見てみようかなと。

 

そのうちレンタルしてこよ~と思ってたので金曜ロードショーで放送すると知ったときは逆に放送日まで見るのを渋られたように感じかなり楽しみになっていました。

 

仕事とかぶってしまって放送日に見逃したため、録画していたものを先程やっと視聴できました!

 

長くなるので先に感想書いちゃいますね。

 

いや、言うほど・・・でも!

 

お休みだったのでやることを終わらせて飲み物をスタンバイ、よし見るぞ!と気合いたっぷりで意気込んでおりました。

 

なんと映画本編の前に生放送で監督や出演者の方の挨拶がありましたね。

そこで最初の40分はCM無しでぶっ通しで放送するとのこと。

 

ちなみに前情報は全くありませんでした。予備知識も無くストーリーも全然知りませんでした。

 

CM無しでぶっ通しとは「最初の40分がよっぽど大事なんだな~」と、期待がどんどん膨らみます。

 

そして本編スタート。

 

展開に期待、しかし・・・

 

映画の撮影か?あっ劇中劇か・・・ふんふん。そして40分終了。

映像に違和感は多々あったのでこれが後々どう活かされてくるのか・・・

 

うん、活かすっていうか違和感の伏線回収だけして終わりなのね!

 

って感じでした(笑)いや面白かったです。

 

面白かったんですけど事前の周りのおすすめ具合で少し期待しすぎた感じですね・・・

裏の裏の裏ばかり考えてしまう私の悪い癖です。

 

まず「カメラを止めるな!」というタイトルからどんな展開になるのか予想は色々してたんです。

 

例えば実はホントにタイトル通り終始カメラが回りっぱなしで、最初の40分を含めてしばらくが映像作品なのかな?とか。

 

ラストギリギリくらいでここまでが映像で俺たちの戦いはこれからだ!的な終わりとか。

 

どういうこと?ともなりますがあくまで想像です。

その場合のストーリーなんかは分かりませんが(笑)

 

要するにタイトルから想像して深読みしすぎてたんです。

 純粋に楽しめば良かった・・・ホントに自分の性格が嫌になる(笑)

 

この作品の「すごさ」

 

正直映画作品としても、これはドラマの2時間スペシャルでもいいんじゃないか?とは思っちゃったんですが聞けばこの作品かなりの低予算でもとは一部の劇場のみの公開だったそうですね。

 

そこから人気に拍車がかかって次々と全国上映されていった・・・と。

それを聞くと素晴らしい映画だったと思います。手のひら返しの意見ですが本心です。

 

  • 伏線回収はあれど序盤の40分のチープさ
  • 出演者も知らない人ばかり
  • 映画のボリューム自体はかなり薄い

 

これがいきなり大々的に宣伝されて全国で上映されても映画代払ってまで劇場で見たいなんて思いませんもんね。

 

低予算だけど工夫されているから面白かった、話題になった。

 

なんだか美味しい節約レシピみたいな映画でしたね(笑)結局私は好きです!

ここからは私の「考えすぎ」を少しご紹介します。

 

最初の40分の撮影者について

 

ゾンビ映画を撮っている、というシチュエーションはすぐに分かりました。

その上でやはり気になるのはその光景全体を撮影している「謎のカメラマン」です。

 

40分過ぎれば「ゾンビ映画を撮っているところを撮った劇中劇」とすぐ分かるのですが私は、まさか誰にも見えない霊的な存在か未知の生命体なんかが撮影してるSFなのでは・・・なんて思ったり(笑)

 

ぽん!

 

意味わからんな・・・ぽんってなんぞや・・・?

あのよく分かんない護身術を披露する意味あったか?

 

いやいや分からん、後々「ぽん!」こそが物語の鍵となって危機的状況を乗り切るきっかけになって全員が助かったりするんじゃ・・・

 

しなかった。

 

でも他のシーンでも意外と「ぽん!」してたから伏線回収はばっちりでしたね(笑)

 

ラストまで目が離せない!

 

最終的に次々と伏線回収されていきスッキリはしていったのですが疑り深い私は「まだだ!まだどんでん返しが来るかもしれない!」とずっと思ってましたが来ませんでしたね(笑)

 

でもやっぱり劇中劇とはいえゾンビが出てきているし最終的にSFっぽくなって宇宙人や人工知能が作った映像でした!ぐらいになっても良かったんじゃないですか?

 

世にも奇妙な物語的な。

でもそれだとこんな人気作にはならない駄作だったんでしょうね(笑)

 

結論としてはやっぱり面白かったです!

 

余計なことは考えすぎず、深読みしすぎず純粋に映画を楽しむ気持ちも大切なんだなと気付かされた作品です。