うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

フェミニスト推し?【メン・イン・ブラック:インターナショナル】4DX版感想&考察レビュー!

メンインブラック

 出典:https://eiga.com/movie/90466/gallery/

 

こんばんは、小学生のころに見たメンインブラック2がトラウマなうしぞうです!

 

今回は本日公開の『メン・イン・ブラック』シリーズ最新作でありスピンオフ『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の4DX版感想&考察レビューになります!

 

先に言ってしまうと・・・シリーズのファンとしてはちょーっと物足りなかったかな?

今日はちょーっと批判的かな?(笑)

 

 

あらすじ

 

NYに本部を置く最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)

 

所属するエージェントたちはみな、黒ずくめのスーツ姿にサングラスを着用しており、宇宙人による犯罪や侵略行為の取り締まりをおこなっている。

 

頭の切れる新人女性エージェントMは、同じく女性上官であるエージェントOに命じられてロンドン支部へ配属される。

 

過去に地球を救った経歴がある、凄腕先輩エージェントHとバディを組み任務を遂行していくが、MIB内部が危機にさらされている事実を知り・・・?

『メンインブラック』とは?

 

ところでメンインブラックの元ネタはご存知ですか?

ズバリ海外発祥の都市伝説の一つなんです。

 

未確認飛行物体や宇宙人を目撃した人のもとに現れるという黒の背広に黒ネクタイ、黒い革靴に黒いサングラス、つまり全身黒ずくめの男たちを意味しています。

 

く、黒の組織・・・!?

 

それコナンす。

 

そして目撃者に対して宇宙人の存在を他言しないよう口封じをし、しばらくは目撃者のことを調査したり家の周辺をうろつきまわるという話もあります。

 

未知の現象に遭遇した挙句、見知らぬ男たちが現れ半ば強迫めいた警告をしてくるって

 

怖えーよ。

 

この話をもとに制作された映画版ではおなじみの記憶喪失フラッシュがありますよね。

 

MIBのメンバーが隠密行動中に民間人を巻き込んでしまったとき、ピカッと光らせ目撃者の一連の記憶を失わせるアレです。

 

元ネタの都市伝説は1950年代前後に広まったのに対し、映画版では文明の発達で記憶の消去には徹底してくれていて助かります(笑)

 

都市伝説とはいえ現実でも宇宙人の存在が絶対的にありえないとは言い切れず、陰謀論のようなものという説もあります。

 

もしも宇宙人が実在し、本当にそんな組織があったら?

宇宙人の存在を多言してしまったら?

 

どうなるんでしょうね?信じるか信じないかはあなた次第です!どっかで聞いたような(笑)

なんちゃってアベンジャーズ

 

MIBシリーズといったらやっぱりエージェントJを演じるウィル・スミスと、エージェントKを演じるトミー・リー・ジョーンズがおなじみですが、今回はあくまでスピンオフ作品です。

 

主人公はエージェントMことテッサ・トンプソンとエージェントHことクリス・ヘムズワースにバトンタッチしました。

 

(以下、登場人物はアルファベットのみで表記します。)

 

この二人は『マイティ・ソー バトルロイヤル』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』で続けて共演していたことでも話題となりましたね!

 

 

ぶっちゃけ予告だけで特に絡みはなかった!

まぁ全く違う作品ですしウケ狙いの予告に期待し過ぎた感じもありました。

 

それでもこんな予告だったら何かしらは期待しちゃいますよね?(笑)

 

作品評価: 
4DX評価: 

 

話題性が裏目に出てちょっとガッカリ感にも拍車かけちゃったかな?

あと後述しますが映画のコンセプトが変わっちゃってるのがちょっと・・・

 

4DX的には宇宙人とのバトルというテーマ自体が体感型シネマとうまく連動していて良きです。バイクのアクションとかも楽しかった(^^)

 

そして記憶喪失フラッシュ。光るじゃないですか。「絶対使うシーンに合わせて4Dのフラッシュ演出くるで、くるで・・・」

 

『チカッ』「キター!記憶消されたー!」で満足ですww

もしかしたら私の面白かった感想も記憶喪失させられちゃったかも・・・?(笑)

 

そんなこんなで以下、ネタバ注意!!!

『ウィ』メン・イン・ブラック

 

MIBではタッグを組んだダブル主人公のイメージですが、冒頭はMの幼少期の話から始まります。なので彼女が明確な主人公です。

 

最近の映画作品では社会的な影響なのか、とにかく女性の権利主張が強くなっています。

主人公は『女性』

女性差別

Mは子供のころ、偶然家に忍び込んでしまった宇宙人を目撃し追手のMIBエージェントから逃げる手助けをしてしまいます。

 

そのときの手違いでMの記憶は消去されず、Mは宇宙人の存在を認識しながら成長し、大人になってしまいます。

 

宇宙人の存在はあくまで機密事項であるため、宇宙人を信じ続けるMは周囲から『頭のおかしい人』とされながら生きてきました。

 

簡単に言うとこの映画はそこからの成り上がりストーリーです。

 

元々頭のキレるMは独自にMIBという機密機関を探し出し、自分をスカウトするよう女性上官のO(オー)に訴えます。

 

そして作品内でも実際に触れていた内容ですが、そもそもこの組織の名前は

 

メン(男)イン・ブラック(黒ずくめの)

 

なんですよね。それはおかしいとMが指摘し、同じく女性であるOも違和感を感じていたという場面がありました。その他いくつか書き出していくと

 

  • Mのことを『女王』と称え、家臣になると言い出す宇宙人の登場
  • クライマックスで「自分たちはメン&ウィメン(女性)・イン・ブラックだ!」とか言っちゃう
  • 中ボスは女性型エイリアン。Mと殴り合いでほぼ一気打ち
  • 最終的には全て女性上官Oの手のひらの上で進行していたような結末だった

 

・・・うん、別にいいけどさ。一言だけ言わせて?

 

「この映画は女性の権利主張を応援し、時代に合わせた『メン・イン・ブラック』の変化を表した作品です(^^)」感がすごいのよ!

 

女性に対する差別や不平等の解消を訴える活動を『フェミニズム』、またその思想の強い人を『フェミニスト』と呼びます。

 

昨今は男女差別や女性の社会進出、LGBTなどの話もあり性的な話にはとても敏感な世の中になっています。

 

まるでフェミニズムな時代に合わせてフェミニストの方にも納得していただけるよう、細心の注意を払って作ったような作品。MIBシリーズとしての面白さは不十分です。

 

可愛らしいエイリアンや、ときにグロテクスな描写はMIBらしいですが、女性のサクセスストーリーにちょっとだけ宇宙人を付け足したような内容って感じ。

 

逆に男性エージェントであるKがダメダメだったり、結果的に男性エージェントの尻ぬぐいを女性エージェントがしたようなオチで、せっかくのクリス・ヘムズワースもかすんだ印象でしたね。

 

万人受けが不可能なのは分かりますが、これではむしろ男性軽視って言われちゃいそう・・・?

フェミニズムは最新映画の風潮?

 

現在公開中の実写版アラジンでも少し感じたことなのですが、ジャスミンがやたらと達観していることも気になりました。

 

合わせて読みたい

 

オリジナルのアニメ映画では本当の恋をしたいから結婚に踏み切れないでいたはずが、実写版では他国の王子など信用できないから結婚はしないで自分が王になりたいという設定に変わっていました。

 

男前かよ。

 

そして『トイ・ストーリー4』。

 

約9年ぶりに公開されたシリーズ最新作にして完結編(?)のこちらでは約20年ぶりの再登場にもなる『ボー・ポープ』という女性型の人形がメインで活躍します。

 

ストーリーや結末に賛否両論はあった作品ですが、それを抜きにして作中特に気になったのは、終始ボーに引っ張られて全く頼りないウッディやバズ。

 

合わせて読みたい

 

「ボーを目立たせるため」という魂胆が見え見えで、登場人物のキャラクターが崩壊気味でした・・・

 

バズってあんなに頼りなかったか・・・?

 

今作の主人公Mは恋愛などの非論理的な話には興味がないという設定です。

裏を返せばそれは男性をアテにしていないとも捉えることができます。

 

どの作品でもあまりにも女性の登場人物が自立しきっています。

 

物語の内容に差別があってはいけませんが、映画の趣向が変わってしまうほどの『制作者側の保身』を詰め込み過ぎかな・・・?

 

MIBのお話はもっと単純で「悪い宇宙人をやっつける!」くらいの内容にコメディやアクションを付け足すだけでいいと思います。

 

時代に合わせた作風の変化は必要かもしれません。

 

でもこの内容で仕上げた作品なら、ホントに完全スピンオフの別タイトルとして『ウィメン・イン・ブラック』で公開すれば良かったんじゃね?

ストーリーは最高!

 

批判的な話になってしまいましたが、上記のアラジンやトイストーリーにも共通してストーリーは面白かったです。

 

  • 最終決戦は物語が始まった場所
  • スパイの存在をほのめかし、ミスリードに惑わされながらの犯人探し
  • たとえ恋愛を信じなくとも宇宙人を信じるように、思考の自由については上手く訴えかけられていた

 

そもそもが宇宙人をモチーフにしたSFであるため、それに共感できる子供心を持たせてくれるのは「やっぱりうまいな~!」という感じです。

 

私のような捻くれた考えでなければ、男性よりか弱いはずの女性でも大きくて強そうなエイリアンをやっつけられちゃう!という可能性の話になって夢にも繋がります(^^)

まとめ

エイリアン

正直に言ってしまうと、あまりに主張が激しくて今までのシリーズのように気軽に楽しめる作品ではなかったと思います。

 

でもやっぱりストーリーは最高!4Dで観ればなおさら!

 

そして楽しめるポイントは人それぞれ違うため、観る人の『夢』によって様々な可能性を秘めた作品であったともいえます。

 

『ウィメン・イン・ブラック』になってしまったなら、それはそれで今後の続編にも期待できる『可能性』があります!

 

実は私も宇宙人!ありがとうございました!

 

うしごやよろs・・・え、マジで!?