うしごや ~さとり男子の考察牧場~

接客業での人間関係に揉まれながら、うつ病の家族を反面教師に「上手に生きる術」と「うつにならない考え方」をお伝えしていきます!

自分本位な優しさとは?【情けは人の為ならず】自分勝手ではありません

情けは人の為ならず

こんばんは!よく同僚から「優しい人」と認識されることが多いうしぞうです。

人間は、自分を思いやってくれる気持ちのことを「優しい」と感じますよね。

 

あなたの身の回りに「仕事ができない人」はいないでしょうか?

彼らにとっては、自分のことを手伝ってくれる存在が優しい人だと思います。

 

しかし私は、自分のために仕事ができない人へ優しさを配っています

皆さんは「情けは人の為ならず」ということわざをご存知ですか?

 

情けをかけちゃダメなんだよね!

 

いや違うぞ。

 

ことわざ自体を知っていたとしても、このことわざの本来の意味を把握している方は意外と少ないかもしれません。

 

仕事ができない人に合わせることを優しさと勘違いしてしまい、自分のことを後回しにしてしまう方へ、上手な情けをお伝えしていきます。

 

 

情けは人の為ならず

 

まず「情けは人の為ならず」の正しい意味は以下の通りです。

 

人に親切にすればその相手のためになるだけでなく、やがては良い報いとなって自分に戻ってくる。

 

そもそも「情け」とは、人間味のある優しい心や他人をいたわる気持ちのことです。

 

人に親切にすると、親切にされた人は喜んでくれますよね。

その後、親切にされたお礼や見返りを相手から受け取ることもあります。

 

品物をプレゼントされるかもしれませんし、自分が困ったときに今度はその人が助けてくれるような「気持ち」のお返しかもしれません。

 

当人からのお返しがなくとも、人に親切にしている様子を見ていた周囲の人間が自分のおこないに感心することもあり得ます。

 

例えばそれが仕事の上司だとしたら、自分に対する評価が上がるということは出世や昇給に響くでしょうし、充分な報いと言えます。

 

人に優しくすると自分にもいいことあるよ!

 

正しい意味を確認した理由は、このことわざがよく誤用されるものだからです。

 

間違った意味

 

「情けは人の為ならず」をことわざとして認識せずに、一つの文章として理解してしまうと以下のようにも捉えることができます。

 

情け(をかけること)は、(その)人の為ならず。

 

つまり、情けをかけることは相手のためにならないので情けをかけてはいけないと受け取ることもできるのです。

 

ことわざという概念の知識が少ない、子供時代に間違って覚えてしまうとそれっきりになってしまうのかもしれません。

 

しかし本来、ことわざとは自分のために使うものです。

ことざわを使うメリットは以下の二つが挙げられます。

 

  • 場面に応じたものを使うことで状況を整理する
  • ことわざを使うことによって人としての品格を魅せる

 

前者はことわざをそのまま自分のために役立てており、後者は「情けは人の為ならず」の本来の意味に近く、自身の評価を上げるきっかけとしています。

 

ことわざ自体の存在、用途そのものが自分のためであるので、その内容が相手のために向けた意味合いだということは基本的にないのです。

 

ポイント

正しい意味と誤用の違いをチェック!

 

情け=優しさの本質とは?

 座席

「情けは人の為ならず」の正しい意味と間違った意味を整理したうえで、このことわざを人間の心理的な面でも考えていきます。

 

その場合、情けをかけるという行為自体が自分自身のためであるということが分かってきます。

 

人は「なんで」優しくするんだろうな。

 

自己顕示欲と承認欲求

 

人間は何かのきっかけを経て、相手に対して情けをかけたいという感情を持ちます。

 

大変そうだから手伝ってあげたいな・・・

 

そして相手に情けをかけるということは、自分自身の「優しくしたい」という欲求を相手で発散しているとも表現することができます。

 

相手の希望は関係なく、こちらの感情で情けをかけたい気持ちになり、実際に情けをかけるということは「自分のための自己満足」でもあるのです。

 

「~してあげたい」はお前の願望だぞ。

 

満員電車で席に座っていると、目の前にご老人がやってきました。

 

情けで席を譲るという方が多いのではないかと思いますが、自己顕示欲承認欲求という言葉が存在します。

 

 

簡単に説明しますと、自分から何かをして自分をアピールしたり認めてほしいと思う欲求のことで、心のどこかで相手から感謝されたい、周囲から尊敬されたいという気持ちがあるからこそ湧き上がる感情です。

 

相手のことを思った純粋な善意の情けだとしても、結局は自分が老人のことを気にしてしまって解決しなければ自分の気が済まないから声をかけるのです。

 

自分勝手と自分本位

 

自分が望んでいる情けを相手から受けたらもちろん嬉しいと思いますが、自分が望んでいない情けを受けたり過剰な優しさを感じたら、それをお節介に思ってしまうこともあります。

 

電車でお爺さんに席を譲ろうとしたら「老人扱いするな!」と怒られたという話を聞いたことはありませんか?

 

人間とはとても都合のいい生き物で、優しさを与える側に善意があったとしても、受ける側の気分次第で嬉しかったり疎ましかったりするのです。

 

それは自分勝手だよね・・・

 

自分の情けや優しさが裏目に出てしまうと自分が傷ついてしまいます。 

 

自分の行動の良し悪しを相手次第で決められてしまうのならば、最初から堂々と自分のために相手へ情けをかける方が健全と言えます。

 

「できない人」へは・・・

 

仕事ができない人を手伝うという行為は、仕事ができない人にとっては優しさを感じるきっかけとなります。

 

しかし、「あなたの仕事が終わらないと周りの皆が迷惑するから」という理由で手伝ったとしたら、周囲に気を配っているので自分勝手ではなく、自分たちの身を案じた自分本位であるのです。

 

さらに「できない人」を手伝うことによって、「情けは人の為ならず」の意味通りの見返りを受け取ることもあるかもしれません。

 

見返りを求める情けも立派なもので、「やらない善よりやる偽善」とも言います。

相手に感謝されて自分にも得るものがあれば、互いにwin-winの関係になれるのです

 

俺は別に優しくねぇぞ?

 

まとめ

プレゼント

日本人は謙虚な人種で、自己犠牲の精神は美談とも捉えられますが、それは大きな間違いです。

 

全ての出来事は、まず「自分」があってこそです。

 

上手に優しさを配ることで決して自分勝手ではなく、周囲を配慮しながら自分を大切にする自分本位になっていきましょう

 

生活しやすい環境は自分自身で作っていくべきです。

 

自分のために優しくしよう!ありがとうございました!

 

うしごやよろしく!