うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

【ネガティブ】って悪いこと?改善できないなら開き直るのも・・・アリ!?

ネガティブ

こんばんは、明るめなネガティブうしぞうです!

先日、友人が「自分のネガティブを直したい・・・」と言っていました。

 

 

 

 

なんで??

確かにその友人は引っ込み思案で、活発な印象はありません。

 

けどそれってホントに『ネガティブ』が悪いの?

『ネガティブ』を言い訳に逃げてるだけじゃ・・・?とうしぞうは思ったわけです。

 

直したほうがいいのはネガティブじゃなくて・・・

 

ということで今回は『私のネガティブ』を存分にぶちまけますね!!(笑)

皆さんはポジティブですか?それともネガティブ?

 

ポジティブ~!

 

・・・ネガティブ。

 

こういうときにブログにキャラ2人いると便利っすね

中の人はネガティブ極めてますよ!!

 

世の中じゃネガティブは嫌われちゃう印象もあります。

マイナス思考で暗い言動が多いとあんまり人からは好かれないですよね。

 

だからってポジティブならば万事解決??ネガティブはね・・・

考えることが得意なんです!!!

 

 

ネガティブとは?

 

否定的な様。消極的。「ネガティブな返事」、「ネガティブに考える」。

出典:ネガティブとは - コトバンク

 

『ネガティブ』の意味はご存知ですよね?否定的、消極的、マイナス思考・・・etc

うん、言葉自体のネガティブイメージがスゴい(笑)

 

反対語は『ポジティブ』。意味ももちろん反対に、肯定的、積極的、プラス思考。

ネガティブは考えることが得意

 

意味を確認すると分かりますが、ネガティブとは『マイナス思考』ということであり、『暗い』という意味ではありません。

 

人間は考えれば考えるほど、悲観的になり心配事も増えていきます。

 

これでよかったのか・・・?

 

考えても分からない正解を考え過ぎて否定的、消極的になってしまうことをネガティブと呼びます。

 

心配性ではありますが、保守的で慎重居士と言えば聞こえはいいですよね?

ポジティブがいいの?

 

だからって一概にポジティブが良いとも言えません。楽観的であれば自分も、周囲の人間も楽ではありますが、もしポジティブが過ぎると・・・

 

考えても分かんないからいいや(^^)

 

考えても仕方がないことを悩んでも中々正解には気付けませんが、考えることそのものを一切放棄してしまっては自分なりの答えにすら辿り着くことができません。

 

裏を返せば、頭を使わなければ絶対にネガティブにはなれないということです。

ネガティブは嫌われる?

ネガティブ

ネガティブを表立って外に出すと嫌われます。ウザいです。

 

でも『ネガティブ』って言葉はその本質を理解されずに、言葉に対する風評被害がスゴいと個人的には思います。少々極端ですが会話を例にポジ&ネガを考えてみましょう。

パターン1:ポジ100、ネガ0(100)

 

その服かわいいね!

 

ホント?ありがとう!!

 

うん、全く問題なし。

 

ぶっちゃけ本音で褒めてるんだか建前なのかは知る由もないですが、褒められたことに大して素直に感謝するっていうのはどちらも気持ちいい結果になりますよね

 

褒められた側は相手からの言葉を素直に受け取るポジティブな人か、もしくは後述するネガティブマスターかもしれません・・・(笑)

パターン2:ポジ50、ネガ50

 

その服かわいいね!

 

そんなことないよ~

 

ハイ、謙遜入りました。何を根拠にそんなことないと言っているかは分かりませんが、そんなことないらしいです。

 

謙虚な気持ちは日本人の美徳でもありますし、これだけでは本当に自分で『そんなことない』と思っているか、ちょっとネガティブが入って否定的になっているかは五分五分な感じですね。

パターン3:ポジ0、ネガ∞

 

その服かわいいね!

 

いやいやいや全然!!私デブだし可愛くないしこの服も安かったから買っただけだし・・・

 

アウト~!!!長い!卑屈!自虐!と三拍子揃ってしまいました。

一口に『ネガティブな人』と言ったらこんな感じの受け答えをイメージしませんか?

 

ちょっと褒めただけ、ひいては話しかけただけだとしても、謙遜を通り越して自虐的になられたり暗くなられたら・・・話す側は良い気持ちはしません。

 

だからネガティブな人=暗い人=イメージが良くない・・・と直結してしまう場合が多いんですよね。

 

そしてネガティブさん本人も自己嫌悪で負の連鎖。「自分のせいで空気が悪くなってしまった・・・自分が暗いから、ネガティブだからだ・・・直さなきゃ」と。

 

でもこのやり取りってホントに『ネガティブ』のせい??

 

自分の思考を捻じ曲げる必要はない

 

こんな風に書いといてなんなんですけど、私も人から褒められたら相手を疑ってしまう場合が多いです。

 

自分が自信のあるジャンルだったら褒められても素直に受け取れますが、自分で満足のいっていない結果を褒められると「いやいやいや・・・」となります。

 

それは仕方のないことだと思います。だって自信が無いんだから。不自然に褒められたと思うと、自分をおだてることによる相手側のメリットとかを想像しちゃいますww

 

つまり『ネガティブを直す=根拠のない自信を持つ』ってこと。

 

 

 

 

だからそれが無理だって言ってんじゃんwww

で、また同じことの繰り返し。負の連鎖。視点を変えましょう!

自分のネガティブを認めてみる

 

直したいものが直らないんだったらそれについてずっと悩むのではなく『直らないならどうしたらいいか』と思考を切り替えてみましょう

 

めっちゃ砕けた言い方をすると・・・開き直りましょう(笑)

 

直らないもんはしょうがない。直らないもんを直そうとウジウジするとまたネガティブに飲まれるだけ。じゃあネガティブでいいじゃん?ってこと

考え方を変えてみる

 

前述した通り、ネガティブとは思考に長けています。

考えなければ卑屈にはなれないからです。

 

ネガティブに考え過ぎて、それに飲まれてしまうことはネガティブのせいではありません。考え方が暗い方向に一直線で周りが見えていないだけ。

 

会話を例にするならば、暗い思考に陥ってもそのまま発言さえしなければ空気を悪くすることもありません。

 

「自分はネガティブだから・・・」と、どこか自分の性格自体に甘えてしまっている節もあります。

 

まずは自分のネガティブを認めてあげること『マイナス思考でも大丈夫』とポジティブに考えることが必要になってきます(*´∀`*)

 

ネガティブを?

 

ポジティブに?

 

考える??なんじゃそりゃ(笑)

パワーバランスが大事

陰陽

ポジティブであろうとネガティブであろうと、どちらかに偏り過ぎてはいけません。ネガティブに考え過ぎては自分も苦しいですし、周囲に暗さを分け与えてしまうことも。

 

かとい「ってポジティブ過ぎる人は・・・私はあまり信用できません(笑)これは完璧に私見ですが、ネガティブだとポジティブな人が苦手だったりするんじゃないかな?

 

だってネガティブってだけで思考がマイナス寄りなわけで、明るい人を見ると無意識に自分と比べてしまうのはもはや条件反射のようなものです(笑)

 

そう思ったり、感じてしまうことが悪いとは言えません。

個人の自己評価の低さなんて他人がどうこう言うもんじゃありませんから。

 

だからネガティブな人は自分の性格を自分で認めて、少し心に余裕が持てるようになれば・・・ほんのちょっとだけでも自分のネガティブをポジティブに考えられれば・・・

 

見える世界が変わるかもしれませんね(*´∀`*)

ネガティブにまとめ

 

はぁ~なんかネガティブな人を元気づける風に記事書いたけど・・・

どうせこんなん誰の目にも止まんないんだろうな・・・

 

 

 

 

って卑屈だとウザいでしょ!?

 

ネガティブに悩める誰かが読んで少しでも気が楽になってもらえたら・・・な~んて少しばかりポジティブに考えてみます(^^)

 

気楽にいこうよ!ありがとうございました!

 

うしごやよろしく!

 

ネガティブな感情が成功を呼ぶ

ネガティブな感情が成功を呼ぶ

  • 作者: ロバート・ビスワス=ディーナー,トッド・カシュダン,高橋由紀子
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2015/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る