うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

モフモフ見た目とおっさん声のギャップ!【名探偵ピカチュウ】4DX感想&考察レビュー!

名探偵ピカチュウ

出典:https://eiga.com/movie/90321/gallery/2/

 

こんばんは、ポケモンのゲームではいつもサトシを真似てピカチュウを進化させないうしぞうです!

 

今回は日本先行公開されました映画、「名探偵ピカチュウ」を見て参りましたので感想&考察レビューです(^^)

 

ピカチュウホントに可愛かった・・・

 

それな。

 

あらすじ

 

失踪した父親を捜す青年ティムは、ポケモンたちと会話のできるピカチュウとコンビを組んでライムシティで起こる様々な事件に挑んでいく。

 

やがて、街全体を巻き込む大きな事件にティムとピカチュウは立ち向かっていくことになるのだが・・・

ハリウッド進出と豪華なキャスト

 

前述したように、ポケモンシリーズでは初の実写映画かつハリウッド作品です。

 

ついにあの「ハリウッド」で制作されるとは、ポケモンシリーズの偉大さや世界的人気がよく分かりますよね。

 

そしてなんと作品本編には日本を代表する俳優、渡辺謙さんが出演されていました。

 

日本語吹き替え版だとピカチュウの声は同じく俳優の西島秀俊さん、ティムの声は竹内涼真さんと中々の豪華っぷりですよね。

 

他の声優さんたちも、ポケモンの映画ではお馴染みの山寺宏一さん林原めぐみさん梶裕貴さんなどの有名な方も多く、まさに錚々たるメンバーでした。

うしぞう評価

 

まずこの作品の世界観は、ポケモンシリーズをプレイしたことのある人なら誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

 

野生のポケモンたちが生息しており、気に入ったポケモンをゲットして一緒に冒険の旅に出る。楽しみながらも時には厳しい戦いを乗り越え、互いに成長していく。

 

なんて夢のような世界ですよね。

ゲームをしたり、アニメを見ているだけではそれは画面の中だけでの出来事です。

 

しかし実写化された個性的なポケモンたちが、人間の少年と共に謎を解いていく今作のストーリーは現実にポケモンの存在をイメージしやすかったのではないでしょうか?

 

作品評価: 
4DX評価: 

 

リアルなポケモンたちの獰猛な動きも、4DX3D版ならではの迫力で割増しされます!

終盤は空中戦がメインだったため座席の動きからスリルも感じることができました。

 

個人的にはフラッシュの演出は苦手なので、ピカチュウの電気攻撃が少なかったことも良かったかな(笑)

 

今回はネタバレを少なめに、実写化作品ならではの感想をまとめていきます!

実写化されたポケモン達

 

ピカチュウホントに可愛かった(二回目)

 

ホントそれな。

 

ピカチュウはゲームやアニメのタッチだと表面がツルッとしていて、いかにもキャラクターっぽい仕上がりになってしまいます。

 

しかし今回実写化された結果は

 

  • 溢れ出る小動物感
  • モフモフしてる
  • 声はおっさんだけどそこがギャップ

 

声は特殊としても、それ以外は抱きしめて撫でまわしたいような可愛さが特徴でした!

 

合わせて読みたい

それにしてもCGの具合が素晴らしく、もしポケモン達が現実に存在していても全く違和感なく感じることができる仕上がりでした。

 

でもあまりにリアル過ぎると、逆に一つ気になることが・・・

ポケモンの名称を挙げていきますので気になった方は各自、調べてみてください(笑)

むしポケモンはキツイって

むしタイプ

ポケモンにはそれぞれ「タイプ」と呼ばれる種族のようなものがあり、その中に「むしタイプ」という分類があります。

 

まぁその名の通り、虫型のポケモンたちです。

 

キャタピーってご存知ですか?あれです、トキワの森にいっぱいいるやつです(笑)

分からない方に向けて例えるなら、赤ちゃんサイズの芋虫みたいなものです。

 

怖いって。

 

・・・例えば動物型のポケモンならば、ピカチュウを代表としてそのまま愛くるしい姿だと思います!

 

ガーディとかほとんどそのまま犬ですよね。

カビゴンもモフモフしてましたし、お腹に飛び込んで埋もれたいです(笑)

 

リザードンキモリなどの爬虫類系も、逆にリアルなトカゲっぽい感じが可愛かったですね!

 

無機質系とかはどうでしょう?ロボットや機械っぽいポケモンたちのことです。

 

コイルとか現実だとどんな感じなんでしょうか?触ってみたいですね!

メタリックな感じがとても気になります。

 

ギアルとかまんま歯車ですし、ガジェット好きにはたまらないのでは?(笑)

でも人型はちょっと怪しいかな?

 

作中のバリヤードは中々愛らしい素振りもありましたが、あまりに人間に近くなってくるとちょっと不気味かも・・・

 

サーナイトのように、見た目や等身なども人間らしくなってくるとモンスターボールに入れたり、戦わせること自体に罪悪感が生まれそうです(笑)

 

とりま結局、むしポケモンはキツイって。

 

夜道で街灯に群がるモルフォンとか出たらどうすんの?マジで。

キャタピーは所詮、赤子サイズの芋虫でしたが今度は成人サイズの蛾ですよ?

 

私は全力で逃げる自信があります

むしポケモンに関しては、デフォルメされたものは可愛いんですけどね・・・

 

そういえば今作でもむしタイプは見かけなかったし、やはり虫の実写化は万人受けしないので止めておいたのでしょうか?(笑)

まとめ

名探偵

関係のない話が続きましたが今作の内容自体をまとめると、ミュウツーの思惑をミスリードとした秀逸なストーリーでした。

 

ゲーム版もやりたくなってしまいましたが、ストーリー展開などに多少は違いがあるのでしょうか?

 

映画作品としては申し分なく、世界観や実写化もうまく表現できていたと思います!

とにかく映画版の感想としては

 

  • ピカチュウ可愛い
  • ミュウツーかっこいい
  • ただし虫、テメェはダメだ

 

ハリウッドの技術と豪華なキャストも相まって、実写化大成功作品だったと思います!

 

ミュウツーファンの私としては、今夏公開予定の「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」もぜひとも見に行きたいです(^^)

 

合わせて読みたい

※7月17日追記:見て来ました!私のミュウツーに対する愛はこちらからどうぞ(笑)

 

ピカチュウホントに(三回目)ありがとうございました!

 

うしごやよろしく!