うしごや ~さとり男子の考察牧場~

接客業での人間関係に揉まれながら、精神疾患の家族を反面教師に「上手に生きる術」と「うつにならない考え方」をお伝えしていきます!映画レビューも頑張ります(^^)

オールスターの胸アツ展開!4DX版【ONE PIECE STAMPEDE】勢いでゴリ押し感想レビュー!

スタンピード

ドン!!!意外とワンピース読み始めてまだ二、三年のうしぞうです!

 

映画はちょくちょく見てたけどね~

 

はい!やってきました映画『ONE PIECE STAMPEDE』!皆さん楽しみにしてました?

 

とうとうやっちゃったオールスター映画・・・!!ヤベェのできてます!!

 

こちらは原作&監修の尾田栄一郎先生のコメントですね。

はい、ヤベェくできてましたよ。

 

ポイント

シリーズ初のオールスター作品!

今回はネタバレなし!いやグレーゾーン?(笑)ゴリ押し感想注意です!

 

勢いであらすじ

 

通称『祭り屋』ことブエナ・フェスタからの招待状を受け、彼の主催する海賊万博へと参加することになった麦わらの一味。

 

会場内は世界中から群がった海賊たちにより大きな盛り上がりを見せていた。

 

勢揃いした面々には『最悪の世代』のキッドやヘッジ、ホーキンスにボニー、さらにはバルトロメオやキャベンディッシュの姿も。

 

全員の目的はただ一つ。

万博の目玉となっている海賊王、ゴールド・ロジャーの遺したお宝を探すこと。

 

しかしその裏で海賊たちを一網打尽にしようと、スモーカーをはじめとした海軍たちも暗躍していた。

 

お宝争奪戦が熱を帯びる中、突如元ロジャー海賊団所属で『鬼の跡目』と呼ばれていた男、ダグラス・バレットが乱入する。

 

なんやかんやでいつの間にかダグラスVS全員。

 

海軍大将もいっぱい来ちゃうし、バギーとかハンコックとかミホークも来ちゃう。

なんかクロコダイルとかルッチとかサボまで来ちゃう。

 

なんかもうぐっちゃぐちゃだから海軍はバスターコール発令!

さぁ力を合わせてダグラスをぶっ飛ばせ!!

失礼しました!

謝罪

このうえなく(した?)雑なあらすじ紹介でしたね!でも大体合ってます!

てかオールスター映画なんてこんなもんでしょ?

 

常軌を逸した強さを持つ敵が現れ、主人公の仲間や敵を問わず、いつの間にやら全員と共闘。味方は素直に参戦、敵は「フッ、今回だけだぞ」みたいな。

 

だがそれがいい。熱いんだ。

 

原作の展開では顔を合わせることすらなかったキャラクターたちが一堂に会し、なんかもう好き勝手に暴れまくっちゃう。

 

雑。だがそれがいい。

 

時系列などの細かな設定やストーリーもそれほど必要ありません。

キャラクターたちが集結する理由と状況を作り出せさえすればあとはやりたい放題です

 

実現さえすれば胸アツ展開確定。オールスターってズルいのよ?

 

合わせて読みたい

最近の映画感想ズルいばっかな気がする。ズルい乱用もズルい?(笑)

最強決定戦!!

 

正直、バトル漫画の映画となると都合の良い敵を捏造し放題です。

 

  • 眠っていたアイツが目覚めた!
  • 死んだと思っていたのに生きていたのか!?

 

とかありがちですよね。今回のダグラスさんは元ロジャー海賊団のクルー。

落としどころとしては無難でしょうか?後付け万歳。

 

時を同じくしてロジャー海賊団にはシャンクスとバギーも所属していました。

この二人は当時まだ見習いだったはず・・・ダグラスよ、お前どんだけ強いんだ。

 

よくまとめサイトなどで『〇〇キャラ強さ議論』のような内容も見かけます。

ワンピースだったりドラゴンボールだったりハンターハンターだったり。

 

ゴンさんでしょ。

 

いーやメルエムだろ。

 

みたいなやつです。話が戻りますが、キャラクター同士の戦いによってその夢を実現させてくれるのもオールスター作品の魅力ですよね!

 

作品評価: 
4DX評価: 

 

少し残念だったのは強力な敵に集中し過ぎて、他のキャラ同士の掛け合いがあまり見られなかったことですかね。

 

個人的には共にルフィを想う美女二人、ハンコックアルビダに鉢合わせてほしかったな~絶対面白いことになるでしょ(笑)お宝ならぬルフィ争奪戦!

 

そして4DX鑑賞です!楽しかったですよ!でもめっちゃ濡れた。知ってた、海だし。

あともう終盤の殴り合いシーンは座席が動きまくりんぐの背中の振動ボッコボコ。

 

揺れで背中がずり落ちるわwシートベルト欲しかったww

楽しかったけど内容自体が既に白熱してたから2D版でも良かったかも?

感想ラッシュ!!!

 

すみません、感想がまとまらないので映画観てたときの想いを羅列していきます。

 

  • 麦わら一味の初っ端からトラブルにツッコむ姿勢好き
  • ワー、キャー、盛り上がってるかーい?海賊万博開幕だー!
  • ロジャーのお宝テンション上がるぅ!誰にも渡さないぜ!
  • ウソップゥーーー!(驚)
  • ペローナ可愛い
  • ウソップゥーーー!!(怒)
  • ハンコック可愛い
  • ウソップゥーーー!!!(泣)

 

真面目に考察します(笑)PVなどで事前に予告されていましたが、ウソップがダグラスにボコボコにされる描写があります。

 

当然です。ウソップは所詮生身の人間で、事あるごとに全身骨折しても復活するほどの脅威の生命力は誇りますが、残念ながら戦闘能力は低いです。

 

生命力の高さは植物使いをイメージしてるのか?

 

彼に限らず麦わらの一味全体にも言えることですが、キャラクターとしての個性を確立し、魅力的な面々であっても、あの世界では驚異的な力の前には何もできないほどの実力差ができてしまうこともあります。

 

だからこそのオールスターによる奇跡の共同戦線で最強クラスの敵に立ち向かいます

 

つまりこの映画は普段の麦わらの一味では成し得ない、力任せで強引な内容、展開、結末だったんです。サノスVSアベンジャーズみたいなもんですね(笑)

 

スモーカーやロー、ハンコックやサボなどが(あっバギーもいたわ)文字通りに力を合わせてルフィの敵をぶっ叩く。熱すぎん?

 

それだけで観る価値は充分ですよ!!

無理やりまとめ

海賊

今作の完成度に文句はなし!

でも一つ危惧すべきは・・・次回作へのハードルをあまりに上げてしまったこと

 

敵のインフレも止まりませんし、ここまでくるとそろそろ四皇とか出してこないと話作れなそう。分かってます!結局最後はゴリ押しさ!

 

そしてもう一つ言及したいこと、それは今回のきっかけとなったロジャーのお宝

 

アレにはビックリ。だってアレ出しちゃったら・・・てかこの漫画の目的がそもそも作品タイトルのアr・・・おっと誰か来たようです、失礼します。

 

気になります?(笑)気になったら劇場へゴーですよ(^^)