うしごや ~さとり男子の考察牧場~

現実世界でのストレスを糧に、好き放題白黒ハッキリした映画レビューをしていきます(笑)感想&妄想寄りの考察(゜-゜)?他雑記!

気になり過ぎてブログが進まん!(笑)【文章】で困る三つのポイント!!

日本語

こんばんは、1000文字の記事編集に下手したら半日以上時間をかけるうしぞうです!

 

私もブログを始めて早三か月ですが、一向に作文ペースは成長せず・・・

だって自分の文章が気になっちゃうんだもん!!

 

色んな言い回しや漢字変換、句読点の位置など何度も何度も書き直しては「これでええか・・・?ええんか・・・?」と(笑)

 

ブログを始めて間もない頃の記事を見直すと「よくこんな文章を公開できたものだな・・・」と我ながら感心してしまいます(-_-;)

 

とはいえブログというものは書けば書くほど『文章力』が上達するのも事実、ある程度は・・・見れるようになった・・・かな?w

 

ということで今回は、文章を書いていく際の文法で注意が必要なことを三つに分けてまとめていきます!ほぼ自分の備忘録だけどね!!

 

言い回し

 

まず言い回し問題です。別に問題でもなんでもないですがそれっぽく表現します。

同じ意味合いの言葉を伝えるときの使い分けのことですね。例えば

 

  • ~のです
  • ~んです

 

この二つは文章の語尾にあたる部分なんですが、一般的に文章を書く際は『~のです』のほうが適切なのかな?

 

しかし文章のニュアンスによっては『~んです』を使うことも決して間違いというわけではありません。

使用例は?

 

『~のです』と『~んです』に共通である、文法としての意味合いは動詞の協調です。

 

「買い物に行きます」

 

だと単なる宣言、主張です。いってら~(^^)ノシ

 

「買い物に行くのです(行くんです)」

 

しかしこちらの場合だと買い物に行きたい気持ちをより強く感じませんか?

 

「遊ぼうよ!」「買い物に行くんです」「あっ・・・ごめん(え、怒ってんの?)」

 

みたいな、なんとなーく言われた側が弱い印象になってしまいますよね(笑)

ブログ執筆での用途としては自分の意見を強く表現したいときに使うはずです。

 

  • ということなのです
  • そう思うんです

 

ってな感じ。

 

用途を理解したうえでの使い分け方は、知識や経験をまとめた真面目な記事では『~のです』、雑記や感想などのカジュアルな記事は『~んです』って感じかな?

 

全力でカジュアルな文章でさーせん!

あと文章では『~のです』、口頭では『~んです』の使い分け方も自然ですよね。

 

ある程度ならば問題ありませんが、この二つがあまりに混在していると記事全体に統一感がなくなってしまい、少し違和感のある文章になってしまいます。

 

同じ意味の言葉であっても、誰に向けている言葉や文章なのか、相手の理解度によっても伝わり方が変わるので注意が必要です。

 

また文章としてではなく、言葉や単語を言い換える能力を『語彙力』といいます。

文章構成と同じく、一つひとつの言葉のチョイスは作文センスにも影響してきます。

読点

泥棒

次に読点(とうてん)問題です。『読点』とは『、』のことですね。

読点の打ち所に具体的な正解はありませんだからマジで厄介。

 

打ち所を誤ると・・・?

内容自体が変化してしまう

 

読点を打つときに最も気を付けなければいけないことは、読点を打つ位置によっては文章の意味合い自体が変化してしまうことです。

 

刑事が自転車に乗って逃げる犯人を追いかける。

 

この文章は読点の位置によって誰が自転車に乗っているのかが変化します。

 

  • 刑事が自転車に乗って、逃げる犯人を追いかける。
  • 刑事が、自転車に乗って逃げる犯人を追いかける。

 

アラ不思議。読点の位置だけで前者は刑事が、後者は犯人が自転車に乗っています。

しかし文章自体を修正すればこんなに紛らわしいことにもならず

 

自転車に乗った刑事が逃げる犯人を追いかける。

 

一文字だけ変えて言葉を入れ替えただけでも、これなら読点の位置は関係なく刑事が自転車に乗っています。

 

早く犯人を捕まえてほしいので自転車には刑事に乗ってもらいますね(笑)警察仕事しろ

 

読点の位置に注意しなければ自分でも無意識のうちに分かりづらい表現になっていたり、意味合いが変化していることさえあります。

変換

 

最後に変換問題です。『こと』と『事』、『もと』と『物』とか迷いません?(笑)

例えばこんな文章を

 

できるだけ練習してみたうえで、改善していきたいものです。

 

いけそうなところをゴリ押しで無理矢理変換すると

 

出来るだけ練習して見た上で、改善して行きたい物です。

 

うん、おかしい!(笑)

見た、行きたい

 

まず明らかな間違いはこの二つ。

『見る』も『行く』も全く別の意味を持った動詞です。

 

この文章中では『練習を見る』わけでも『改善に行く』わけでもありません。実際に練習風景を見たり、改善するために現場に行くなら動詞としての変換で大丈夫です。

 

表現としての『~してみる』や『~していく』に変換は不要です。

出来る、できる

 

今度は先ほどとは逆にかな表記が動詞になります。

 

  • 出来が良い
  • 上出来

 

のように、元々『出来』という言葉が存在するため

 

『出来』るだけ

 

だと熟語に送り仮名をつけた当て字のような印象になってしまいますし、個人的には文章としての表記は『できる』の方が読みやすく、違和感のない表記だと思います。

 

※『出来る』も間違いではありません。人によって表現が違うので一概には決められませんが、私は読みやすさを優先して『できる』にしています。 

上、うえ・物、もの

 

これらは漢字の場合だと名詞となり、物理的に『上』や『物』を指す意味になってしまいます。

 

『~うえ』や『~もの』は接続詞です。意味が既に完成している接続詞の中身をわざわざ名詞に変換してしまっては、言葉の意味が崩壊してしまいます。

 

漢字の変換に迷った際は、それが物理的な行動や物なのかを基準に判断すると分かりやすいです。

 

動詞と名詞に共通していますが、実際に『見た』のか、物理的な『物』なのか、などを考えてみましょう。

まとめ

混乱

文章を構成するうえで注意が必要なポイントを三つまとめましたが、それを踏まえてもう一つ気を付けなければいけないことがあります。

 

迷い過ぎで作文ペースが遅くなったり、ブロガーさんは記事のリライトばかり繰り返してしまうという点ですね。

 

まさに私のことである(笑)

 

基本的には日本語でさえ執筆していれば、多少違和感がある文章でも同じ日本の方には伝わります(笑)

 

また、故意に文章を崩しても味があったり、親しみやすさが生まれたりして悪いことばっかとは限らんでごぜぇますよ(?)

 

ブログ頑張れ!ありがとうございました!

 

うしごやよろしく!

 

読みたいことを、書けばいい。

読みたいことを、書けばいい。